インプラント良し悪し情報

HOME | SITEMAP

トップ

新着情報

インプラントのデメリット

インプラントはたくさんのメリットがあることは確かです。しかし、逆にデメリットがあることも考慮しなければなりません。代表的な例として、デメリットをあげます。まずは、費用です。治療費が高く数十万かかるというのが一般的です。また、インプラントは、施術後のアフターケアが大変ということも挙げられます。定期的に歯医者でチェックしてもらったり、今まで以上の努力が必要です。怠ると歯周炎になってしまう恐れもあります。歯医者に行くことになるので更に費用もかかります。治療にかかる期間が長いということも考慮する必要があるでしょう。

治療の良し悪しについて

歯科治療で行われているインプラントとは、歯を虫歯や歯周病などで失った場合に、骨に直接人工の歯根を埋め込んだ歯のことを言います。特長は、保険が適用されるブリッジのように健康な歯を削る必要がなく、入れ歯のようなガタつきや不快感を感じずに、自分の歯と同じような感覚でいられるという点です。しかしデメリットとしては、まず健康保険が適用されない自由診療なので、かなり高額になります。また、骨に歯根を埋め込むたの手術が必要となり、結果的に治療期間が長くなります。場合によっては骨の量が十分でないとインプラントをすることができないこともあります。