インプラント良し悪し情報

HOME | SITEMAP

トップ » インプラント治療を終える

新着情報

インプラントの期間について

インプラントのできる歯科はたくさんあるのですが、どの場合でも期間がかかるという点に注意しておきましょう。一つの目安は3ヶ月から1年です。まず、あごの骨にねじを固定するために2ヶ月くらいはかかります。長い場合には6ヶ月くらいにもなります。下の歯の場合に比べると上の歯のほうが時間がかかることが多いようです。これは、上の歯のあごのほうが柔らかくて固まりにくいという傾向があるからです。インプラントを使用かどうかと考えるときには、これだけの期間がかかるという点にも注意しておかなければなりません。

インプラント治療の2回法の利点

インプラント治療の方法である2回法は1回目の手術で人工の歯根を埋め込んで固定させて、2回目の手術で人工の歯を取り付けるためのアパットメントを装着することとなります。2回手術を行うということから患者の身体には負担がかかります。また、治療期間も長くなります。しかしながら、人工の歯根が顎の骨としっかりと結合することができますし、顎の骨の量が少ない場合でも治療を行うことが可能な方法です。また、成功率も高くなります。その事からも多くのインプラント治療を行うクリニックにおいては治療方法として2回法が採用されています。