インプラント良し悪し情報

HOME | SITEMAP

トップ » インプラントとアレルギー

新着情報

非金属のインプラント

インプラントをする際に金属アレルギーを気にかける方がいますが、金属アレルギーは全ての金属に対して反応を起こすというものではありません。反応しやすい金属と反応しにくい金属があります。使用するのは、通常は反応を起こしづらいと言われているチタンがほとんどです。しかし、チタンに対して反応する方もまれにいます。そのような方には、ジルコニアを使用します。強化セラミックでできている非金属なものなので安心して使用できます。主に安全基準の厳しいヨーロッパで使用されていますが、日本ではまだ未認可です。ですから、インプラント治療でのジルコニア使用を希望される方には、同意書のサインが必要になります。

アレルギーと歯科診療

インプラント治療を行う前に金属アレルギーの有無を確認します。治療は人工歯根を骨に埋め込みます。その後に人工歯を取り付ける手術です。人工歯根は金属でできています。材質にはチタン合金が使われています。チタンは人工心臓や関節などで使われています。人の体になじみやすい金属です。金属アレルギーの少ない金属です。もしも心配なら安全ために病院で金属検査を受けておくと安心できます。検査は歯科ではできませんので、皮膚科で受けることになります。検査方法は金属を皮膚に当てて判定します。インプラント治療の前に、数回通うことになります。